トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 電線地中化に再び注目か

電線地中化に再び注目か2017.01.13

昨年7月~9月にかけて、株式市場では電線地中化関連株が買い人気を集めた。その後国会でついに「無電柱化促進法案」が成立して、完全に国策に乗る形がハッキリしたが、年明けも支援ニュースが相次いでいる。

中でも1月7日の日経新聞電子版で、東京都が無電柱化にあたり市区町村の費用負担をゼロにする補助金を創設する方針が報じられた。負担分全額を都が肩代わりし、都内各市区町村の道路を積極的に無電柱化する後押しをしていく。

国土交通省も、災害時の緊急避難道路に指定されている地方自治体が管理する道路について、17年度以降は原則として電柱の新設を禁止する方針を固めた事が昨年打ち出されており、いよいよ全国での無電柱化が加速されていくことが期待される。

関連銘柄の代表格は東証2部のゼニス羽田HD(5289)だが、12月5日の高値340円から12月下旬に298円で3回安値をつけてガッチリと下げ止まっていた。1月10日には327円まで戻しており、これで直近の下げ幅の約6割を戻しているので、出直り相場への期待が次第に高まってくるかもしれない。

■ゼニス羽田HD(5289) 週足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら