材料に惚れるな2017.01.27

株式市場では日々様々な好材料が取り上げられ、投資家の注目を集めて株価が急上昇する銘柄が出てくるわけだが、忘れてはならないのは、「いかに好材料であっても、株価の上で織り込み済みとなってしまえば、その後株価は大きく崩れることが当たり前のように起こる」ということだ。

昨年も投資家の関心を集めたそーせいグループ(4565)が5月の最高値2万6180円から12月の安値1万2470円まで52%も下落して、半値以下になってしまった。このような事は決して珍しくはない。

直近でも、今月に入ってジャスダックのメガネスーパー(3318)がやはり好材料が飛び出して1月19日に107円の最高値をつけたが、そこから23日の安値69円まであっという間に約36%も下げて、週足は悲惨な異常に長い上ヒゲとなってしまった。

このように、株価が大きく崩れてもなお材料にしがみつく投資家が多いのも現実であるが、結局その後さらに値下がりしたり、長期間にわたり塩漬け状態になるのはこれもまた珍しくない。

材料は買う時のきっかけであり、その後は株価の動きで判断していかなければならない。チャート的・テクニカル的な変化や、各自それぞれにロスカットルールなどを決めて、見込み違いになった時の対応をしていく事を改めて肝に銘じるようにしよう。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら