トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 「ありえない」は禁句

株式投資コラム

「ありえない」は禁句2017.02.17

かねてからセミナーラジオNIKKEIの番組などでもお話してきたことだが、世界の歴史が大きく変わる激動期に入っており、何が起きてもおかしくはない情勢にある。昨年6月のイギリスのEU離脱、11月のアメリカ大統領選挙でのトランプ氏当選というように、今までの常識的な見方を次々に覆す流れになっている。

今年はこの後5月にフランスの大統領選挙が控えており、9月はドイツの総選挙もある。そして早ければ今年夏以降にトランプ大統領が訪日する方向で話も進められている。

こうしたスケジュールの中で、今まであれば「そのようなことはありえない」と大多数の人々が考えていたような事柄が次々にひっくり返されて、全世界に衝撃が広がっていくような大変化を見せることは十分に考えられる。したがって、昨年以上に今年は更に「そのような事はありえない」というのは禁句であり、「何が起きてもおかしくはない、常識が覆される」と常に考えていく必要がある。

セミナーでも、「今年の株式投資は貴族のような上品なやり方ではなく、野武士のように荒々しく行っていく必要がある」とお話をしておいたが、荒々しくというのは「無茶なこと」という意味ではなく、「大胆に常識を否定する勇気が必要である」ということだ。改めてしっかりと肝に銘じておこう。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら