米ドルに変化2017.03.17

ドル円は12月の118円台から円高局面になっていたが、2月に111円60銭台でダブル底の形を作り、直近で115円台まで円安になってきた。

ドル円の週足チャートを見ると、直近111円台の安値をつけて陽線つつみ足の形になっており、調整完了を示唆している。

アメリカの利上げ後はひとまず材料出尽くしの形だが、朝鮮半島情勢の緊迫化などを睨み、しばらく波乱には注意しておかなければならない。

■ドル円 週足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら