トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ドル円ついに110円割れ

株式投資コラム

ドル円ついに110円割れ2017.04.14

朝鮮半島情勢の緊迫化に伴い、株価や為替相場にも影響が広がってきている。ドル円は3月下旬以降、110円10銭台と20銭台のところで何度も安値をつけて下げ止まりの気配を見せていたが、今週ついに108円台に突入し、再び崩れた形だ。

日本にとっては朝鮮半島という隣国の有事が懸念されるわけだが、とりあえず投資資金はリスク回避でアメリカ国債の買いに向かい、それがアメリカの金利低下に繋がり円高・ドル安になるというパターンで、同時に金も値上がりしている。

「遠くの戦争は買い、近くの戦争は売り」という相場格言は今のところ日本の株価にのみ当てはまっている。このまま朝鮮半島情勢が更に緊迫していくにつれて円高が一段と進む可能性もあるので、米ドルMMFは手仕舞って、ひとまず手を引くべきだと考える。

■ドル円 週足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら