トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 越境ECの拡大に注目

株式投資コラム

越境ECの拡大に注目2017.04.28

一頃、外国人観光客の急増による国内でのインバウンド需要の高まり、いわゆる「爆買い」が注目された。その後、国内での爆買いは鳴りを潜めた形になっていたが、買い物の舞台がインターネット経由で中国から日本の通販サイトでの爆買いに移ってきたことが浮き彫りになってきた。

これは、日本を訪れた中国人が帰国後に気に入った商品をネット通販でまとめ買いするケースが増えているためだ。2016年のネット経由の購入金額は1兆366億円で、前年比30・3%の大幅な増加となっている。

一方、中国人観光客が日本国内で買い物をした金額は2016年が1兆4754億円だったので、今の勢いだと今年以降、ネット経由の買い物額が追い抜く可能性が出て来た。

株式市場でも越境ECの関連銘柄が一頃注目を集めた時があったが、今後再び注目度を高めてくる可能性がある。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら