トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > シャープ、東証一部に復帰へ

株式投資コラム

シャープ、東証一部に復帰へ2017.05.19

長らく経営不安で揺れ動いたシャープ(6753)だが、東証二部に降格となっていた。しかし、鴻海(ホンハイ)が経営権を握ってからめざましい復調ぶりをみせており、株価は昨年8月の大底87円から今年4月には504円まで値上がりしてきた。

昨年10月の大阪セミナーで大きく変化してきた事をいち早くお伝えし、実際そこから本格的な株高のスタートになっていったが、直近では「7月にも東証二部から一部への変更を申請し、早ければ年内に東証一部復帰を目指す」ことが日経新聞で報じられた。

まさに生まれ変わった姿だが、引き続き企業の継続前提に重要事象がついているので、推奨銘柄として取り上げる事は出来ないが、今後とも動きを追いかけていきたい。

■シャープ(6753) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら