トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 上ヒゲ突破のアノマリーに引き続き注目

上ヒゲ突破のアノマリーに引き続き注目2017.07.07

かねてからセミナーの場や週刊レポートなどで繰り返し指摘してきたことだが、このところローソク足チャートの常識とも言える「長い上ヒゲをつけたら天井」という捉え方が覆される動きが続出している。

早見もこの点に昔から注目して毎月のセミナーでは特に詳しく話をしてきたが、本来なら極めて長い上ヒゲが出た場合は、それで株価が天井を打ち崩れていくというのが教科書的な見方だ。

しかし、下のチャートにあげた任天堂(7974)の月足チャートを見ていただいても分かるように、昨年7月に極めて長い上ヒゲを引いたものの、翌8月以降また値上がりに転じていき、直近5月相場でついに昨年7月の高値を抜いて上ヒゲ全否定となり、そこから更に大きく株価が上昇していった。5月のセミナーで予告した通りになった。

したがって、長い上ヒゲを全否定しての高値を取りに行く動きは素直についていくのが基本になることを改めて頭に入れておきたい。

■任天堂(7974) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら