トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 日経平均、採用銘柄入れ替え近づく

日経平均、採用銘柄入れ替え近づく2017.08.10

日経225については定期的に銘柄の入れ替えが実施されており、通常なら10月初めに実施されるので、9月上旬に新規採用と除外銘柄についての発表が行なわれる可能性が大きい。

大規模な入れ替えにはならないが、各証券会社から既に新規採用候補の銘柄名が発表されている。それによると大和証券は新規採用候補銘柄として、村田製作所(6981)を取り上げて、みずほ証券ではサイバーエージェント(4751)を取り上げている。

そのほか日本郵政(6178)、日本航空(9201)、セブン銀行(8410)、マーベラス(7844)などの候補銘柄として名前が挙がっているが、今回はまず村田製作所とサイバーエージェントがどうやら有力候補として位置付けられているようだ。

新規採用されると指数連動型ファンドによる買いが見込まれるだけに、注目しておきたい。チャート的に上昇基調を保っているのは村田製作所(6981)だが、直近では週足一目均衡表の基準線を3週連続で上回ってきており、これはアベノミクス相場がスタートした2012年12月末から13年1月初めの時以来だ。

■村田製作所(6981)月足(一目均衡表) ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら