トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 朝鮮半島有事で思惑更に高まるか

朝鮮半島有事で思惑更に高まるか2017.09.08

北朝鮮が核実験を実施したことで、朝鮮半島情勢への不安感が更に高まってきた。

株式市場で今までにない緊張感を象徴しているのが、防衛関連の代表格である石川製作所(6208)の値上がりだ。2013年4月の高値2050円と、今年4月の高値1998円でそれぞれ月足は極めて長い上ヒゲを引いて、その都度崩れていった。

しかし今月は北朝鮮の核実験実施を受けて、この二つの長い上ヒゲをクリアして一段高になっており、これまでのような一過性の動きとは言えない形となってきた。朝鮮半島情勢をにらみながら、果たしてどこまで思惑が高まっていくか今後の展開が大いに注目される。

■石川製作所(6208)月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら