トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 解散総選挙での株高に期待

解散総選挙での株高に期待2017.09.22

安倍首相が10月22日投票で衆議院の解散総選挙を実施する方針を固めたことから、日経平均やTOPIXは今年の最高値を更新した。

バブル崩壊の1990年以降を見ると9回の解散総選挙の内、8回は投票日までの1ヵ月間株価は上昇していた。

特に注目すべきは2005年の小泉首相による郵政改革総選挙で、この時は自民党が圧勝した後、年末にかけて外国人投資家の買いに火がつき、日経平均は大きく値上がりしていった。

今回もとりあえず投票日までは株高傾向が期待できると見て、まずはトレンドに素直に乗っていく事を考えよう。

■日経平均 月足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら