カジノに再び思惑2017.11.17

昨年末にカジノを含むIR(統合型リゾート)の推進法が成立し、来年1月からの通常国会ではいよいよIR実施法案が国会に提出される見通しになっている。

こうした状況を受けて株式市場でも再びカジノ関連株に思惑が台頭してくる可能性がある。

既に海外の大手カジノ運営会社が次々に日本でのカジノ進出に向けて構想を打ち出しており、国内各地では特に大阪の積極的なカジノ誘致姿勢が目立っている。

詳しい事は12月に発売する早見の『九星気学と干支からみた2018年の大予測』の中で書いておくが、カジノ関連株は要注目と言えるだろう。

■杉村倉庫(9307) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら