トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > セルフレジの拡大傾向に注目

セルフレジの拡大傾向に注目2018.02.02

少子高齢化、人手不足でコンビニなど小売店舗で無人レジの採用が増えつつある。ICタグを貼り付けた商品をかごに入れて、機械にかざすだけで会計を済ませることが出来る無人レジは、今後も普及が進むと見られている。

経済産業省は2月にファミリーマートや山崎パン、カルビー、大正製薬などと協力して無人レジの実証実験を実施するが、2025年までに大手コンビニの全店舗での導入を目指すという国策の流れになってきた。

ICタグの生産コストがネックになっていたが、これも補助金を使ってコストを下げることを目指しており、株式市場でも引き続き折に触れてICタグや無人レジ機械の関連銘柄が注目されるのではないかと思われる。

■サインポスト(3996) 日足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら