トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 米カジノ大手の見解

米カジノ大手の見解2018.02.09

アメリカのIR(統合型リゾート)大手であるMGMリゾーツ・インターナショナルの社長が、日経新聞の取材に応じ、日本で本格的なIRの展開を考えており、大阪、横浜、東京などで事業展開したい考えを述べた。

2月7日の日経新聞朝刊でその内容が報じられているが、MGMリゾーツの社長は首都圏にも関心を示すと同時に、京都や奈良に近い大阪がアジアのIR都市として成長が期待できるとして、大阪を優先する考えを示した。

MGMリゾーツは2025年万博の大阪への誘致委員会にも協賛しており、大阪への関心の高さが示されている。

安倍首相も1月から始まった通常国会で、改めて観光立国に取り組む考えを示し、IR実現への考えを示した。

株式市場でも今後も折に触れてIRの問題が手掛かり材料として取り上げられる場面があるかもしれない。継続して追い掛けていく必要がある。

■テックファームHD(3625) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら