トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > アメリカの財政悪化に懸念

アメリカの財政悪化に懸念2018.02.16

トランプ政権が発表した2019会計年度の予算教書で、今後10年間の財政赤字が7兆950億ドル(約770兆円)に達するという試算が示された。これは昨年の見通しに比べて財政赤字が2倍以上に膨らむ形になっている。

医療保険制度オバマケアの見直しや、低所得者向けの食糧支援などを削るが、一方で国防費を毎年増やし、老朽化したインフラの大規模な改修事業などで歳出が拡大していく。

今年11月の中間選挙を睨んで有権者を意識して財政拡大、景気対策、大型減税といった有権者に受けが良いと思われる方向に舵を切った形だ。

しかし、こうした大幅な財政赤字拡大で国債の発行が増えることにより、アメリカの長期金利が更に上昇していくことが懸念される。既にアメリカの10年国債の利回りは約4年ぶりの水準まで上昇しているが、今後も更に金利の上昇圧力が強まることにより、株式市場に更に波乱要因となることも十分に考えられるので、引き続きマーケットは波乱含みと言えるだろう。

■NYダウ 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら