トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > メガバンク、QRコード決済に参入

メガバンク、QRコード決済に参入2018.03.02

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが連携して、QRコードをスマホで読み取り、決済を行なうサービスに参入する方向で検討していることが明らかになった。

利用者が専用アプリを入れたスマホをかざして店舗が発行したQRコードを読み取り、口座からの引き落としなどを行なう仕組みだが、各銀行が規格統一やシステム開発で協力する方向になってきた。これによりコスト削減など各行に様々なメリットが出てくる。

QRコードは電子マネー決済の読み取りに比べ導入費用が格段に安いので、中国でも電子商取引大手のアリババのアリペイの利用が急速に拡大している。

2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人客の利便性向上にも必要であり、現金信仰が強い日本でもキャッシュレス社会に向けて大きく動くきっかけになる可能性がある。

株式市場でも早くも関連銘柄が色々と動き出している。

■メディアシーク(4824) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら