トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > NYダウ、三角もち合い下放れ

NYダウ、三角もち合い下放れ2018.03.23

アメリカの株価も1月に過去最高値を付けて大きく値下がりした。直近ではナスダック指数がいち早く1月の高値を抜いて過去最高値更新となった。

S&P500指数も2月の戻り高値を抜いて期待を持たせる形になっていたが、一方でNYダウは2月27日の戻り高値を抜くことが出来ずに押し戻され、今週月曜日の急落で日足チャートは2月9日の最安値と3月2日の安値を結んだ右上がりのサポートラインを下に突き破り、三角もち合い下放れの形になり、22日には更に大きく下げた。

ナスダック指数を重視するか、NYダウを重視するかは人それぞれだが、S&P500指数やナスダック指数も今週の下げで、やはり2月の最安値と3月の安値を結んだ右上がりのサポートラインをあっさり下回っており、危うい状況になってきているので要注意だ。

■NYダウ 週足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら