トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 日経平均、月足MACD下向きの破壊力

日経平均、月足MACD下向きの破壊力2018.03.30

早見は1月に日経平均が最高値を付けて崩れた場面で、2月に月足MACDが下向きに転じた事を捉え、セミナーやラジオ番組などで非常に悪い形だと警告してきた。

アベノミクス相場が始まって以降、月足MACDが下向いたのは前回は2015年8月、前々回は2014年1月だったが、いずれもその後反発場面はあっても更に値下がり傾向が続いていった。

小泉相場の時も2006年5月に下向き、翌6月に更に大きな値下がりを見せた。2000年のITバブルの天井打ちの時もやはり月足MACDが下向き、その後奈落の底に大暴落していった。

今回の1月以降の下げは軽い調整安ではなく、非常に大きな下げであり、一過性のものと見ることはできない。警戒を怠らないように見ていこう。

■日経平均 月足(MACD付き)

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら