トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 東証小型株指数の強さ

東証小型株指数の強さ2018.05.11

日経平均は1月の最高値2万4129円から3月の安値2万347円まで下げたが、今月に入ってからこの下げ幅の約59%を戻した。TOPIXは52%の戻りとなっている。

一方、規模別指数を見ると大型株指数は1月の最高値から3月の安値までの下げ幅に対して47%の戻り率、中型株指数が59%の戻り率になっている。

これに対して小型株指数は65%の戻り率になっており、小型株の戻りが一番強い。東証小型株指数は今週週足MACDがゴールデンクロスしたほか、13週線も上向きに転じてきた。

この規模別指数の戻り率の違いでも分かるように、まずは先頭を切って強さを見せているものに積極的に目を向けるべきであり、新興市場も含めて小型株をまず第一に投資対象としてマークしていくべきだと思う。

■東証小型株指数 週足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら