臨時コラム

NYの原油相場は2月の26ドル台で底打ちした後、6月には51ドル台まで上昇した。しかし直近では1本調子で値下がりが続き、今月に入ってからはついに39ドル台まで下落して、3ヵ月半ぶりの安値に落ち込んでいる。6月の高値からの下落率は約23%に達しており、大きな下げ局面に入っている。早見も原油への投資は一切させておらず、現在もノータッチの状態だ。

続きを読む

日経平均やその他多くの業種とは対照的に、建設株指数は全く崩れを見せず、2012年のアベノミクス相場スタート以降、一貫して右上がりの上昇トレンドを保っている。その代表格が大成建設(1801)だ。

続きを読む

世界的な一大ブームを巻き起こしている任天堂(7974)の「ポケモンGO」がいよいよ日本でも配信されることになり、株式市場で今後の成り行きに関心が高まってきている。

続きを読む

安倍首相が今週12日、前FRB議長のバーナンキ氏と会談した事で、にわかにヘリコプターマネー導入への思惑が広がってきた。バーナンキ氏はヘリコプターマネー理論の権威であり、2008年のリーマンショックの時は直ちにドルの大量供給に踏み切り、金融不安を終結させて、アメリカの景気回復を導いた実績を持つ。

続きを読む

イギリスのEU離脱ショックで、日本の株価も6月24日に全面暴落の形になった。日経平均はいまだにその6月24日のザラバ高値すら抜けていないが、これに対してマザーズ指数は6月24日のザラバ高値を抜き、6月14日以来の水準を回復した。

続きを読む

イギリスの国民投票は、大多数の見方はブックメーカーの予想通り、結局「残留」という結果に落ち着くと見られていた。ところが蓋を開けてみると、大番狂わせの「離脱決定」となり、全世界のマーケットがパニック状態に陥った結果、ドル円は一時99円台まで大幅な円高ドル安となった。1ドル=100円割れは2013年11月以来だ。

続きを読む

イギリスの国民投票の結果は「EU離脱」で、この結果、ドル円は99円台まで円高となった。ドル円の週足チャートを見ればわかるように、昨年の円安大天井、125円台から一貫して右下がりの大きな逆N字型トレンドが続いている。

続きを読む

個人投資家の人気を集めてきた新興市場だが、今週日経平均と共に大きく崩れた。特にマザーズ指数は、14日の下げ幅が2006年7月18日以来、約10年ぶりという暴落状態となり、2ヵ月ぶりに1000ポイントの大台を割り込んだ。

続きを読む

国際的な商品市況の指標になっているCRB指数が、1月の底値154ポイント台から今週192ポイント台まで上昇し、昨年11月以来7ヵ月ぶりの水準を回復した。

続きを読む

5月相場で新興市場の人気株から大暴落するものが出て、個人投資家に大きな打撃を与えた。マザーズのブランジスタ(6176)が、上場来高値1万5850円から4685円まで約70%もの下落率に達したほか、JIG-SAW(ジグソー)(3914)が上場来高値2万3920円から8480円まで65%下落、そしてアキュセラ(4589)が、5月25日の上場来高値7700円から5月31日の安値1990円まで74%も下落というように、大変な大崩れとなった。

続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら