トップページ > 株式投資コラム > 横尾寧子のFXのはじめかた

横尾寧子のFXのはじめかた

いよいよ9月のFOMCが近づいてきました。今、史上最大のテーマの1つであるアメリカの量的緩和縮小決定が決まるかどうかの動向に注目が集まっていますが、すでに市場では縮小を織り込み始め、投資マネーの逆回転が浮き彫りになってきています。

直近で深刻な動きになっているのがアジアを中心として新興国通貨の下落です。対ドルに対し、インドネシア・ルピアは約4年ぶりの安値、インド・ルピーは過去最安値を更新し、マレーシア・リンギやタイ・バーツ、またトルコ・リラやブラジル・レアルも下落が止まりません。

続きを読む

いよいよ夏休みまっただ中で、為替市場は市場参加者が少ないスカスカな地合いになっています。動きとしては、先に走った円高が是正され、やや落ち着きを取り戻しているところです。

さて、先般オバマ大統領が『アメリカ国内の法人税率減税を実施し雇用対策に充てる』と提案したことで、法人税率問題がにわかに大きくなってきました。

続きを読む

いよいよ市場が閑散としてきました。例年の夏アノマリー通り、今年もドルが下にじりじりと値を下げていますが、今夏は年内のQE縮小の可能性を巡り、要人の発言と米景気回復を裏付ける指標の数値などを見比べながらでトレンドを掴むのが非常に難しそうです。

昨夜はFOMCの投票権を持つエバンス・シカゴ地区連銀総裁がQE縮小の年内開始を示唆したことで、縮小観測が再燃しています。同じくロックハード・アトランタ連銀総裁や前日にはフィッシャー・ダラス連銀総裁など各地区連銀も連日QE縮小を示唆しており、早ければ9月の縮小開始明言に再び思惑が高まってきました。エバンス氏曰く、フォワードガイダンスは失業率6・5%までゼロ金利継続、米成長率が3・5%を上回る水準になれば、資産買い入れ終了も含む予定の前倒しもあるとのこと。

続きを読む

この1週間のドル売り、クロス円売りの崩れを受けて、先進国通貨の強弱感を見ると、ユーロに突出した安定感を感じます。ドル高の流れがこう着し、相対的にユーロが買われているという感じで、ユーロは対ドルで1・33台まで上昇、対豪ドルでは強い右上がりの上昇になっており、1・44のレンジを上抜けて、高値水準でMACDがゴールデンクロスになってくるなど、勢いが止まりません。ちょうど1年前と真逆の展開で、2010年当時の水準まで値を戻してきました。直近は2000年の安値1・50の節目を目指す動きが続きそうです。

続きを読む

4月以降のオセアニア通貨の下落が一転、出直りの動きが強まってきました。ただ、豪ドルは下げ止まりは感じつつも反転に勢いがありませんので、先にチャートに変化が出ているNZドルに注目したいところです。

直近では対円で74円まで値を崩しましたが、7月19日には一時80円乗せとしっかりした切り返しの動きになっています。一目均衡表の雲の中で現在推移していますが、雲の上限の水準が8月中にはその上限が79円60銭に切り下がりますので、上抜けのハードルは俄然下がります。

続きを読む

7月初旬はポルトガル問題が浮上したり、欧諸国の格下げがあったりと不安のにおいが漂いましたが、チャートで見るとユーロの動きは小じっかりの形です。

ユーロ円は日足で一目の雲抜けし、遅行線も日々線の水準がこの後低下してきますから、しっかり上抜けとなりそうです。三角持合いの煮詰まりのピークなので、これがどうブレイクするかで次のトレンドがしっかり確認できそうですね。

続きを読む

8月に追加利下げが見込まれている豪ドルですが、対円では下値が固まってきたようなチャートになっています。対ドルではまだまだ下値を伺う動きが続き、4月11日の直近高値から、7月3日の安値まで短期間で15%の下落になっていますが、まだ下げ止まりは確認できません。

対して豪ドル円ですが、こちらは豪株価指数(ASX500)の日足チャートと割と似たチャートの形になっています。株価指数は6月25日を安値に切り返し、先週のRBAの発表を受けて、2・6%上昇、1年7ヵ月ぶりの1日の上昇幅を記録し、短期間で6・5%の上昇と強い切り返しを見せています。

続きを読む

先般、バーナンキFRB議長が量的緩和解除の方向性を示して以降、緩和縮小は9月のFOMC(9月17、18日開催)からではないかという見通しが高まっています。その意味でも景気の回復を確認する雇用への注目は俄然高まります。

そして、今週7月5日(金)に発表される6月の雇用統計の予想数字が出てきました。ロイターの調査による予想値はNFPが16万5千人(5月は17万5千人)、失業率が7・5%(同7・6%)と特段大きな数字が出ているわけではありませんが、ドルは各通貨に対し、緩和解除の思惑も巻き込み急伸。ドル円は6月5日以来の100円台回復となりました。6月13日には93円台まで下げましたから、随分急ピッチな印象です。雇用統計の数字が期待を裏切るものであれば、スピード調整も含めて一旦大きく調整する場面がありそうです。ただ、予想以上に強い反応であれば、次は105円ミドルを目指す動きも考えられます。

続きを読む

4月からのドル円の急騰を、5月後半からの波乱場面ですべて帳消しにして、往って来いで再び次の地合いがスタートしましたが、都議選も自民圧勝で通過し、国内要因がトレンドの主役になるという地合いはしばらくお預けになりそうです。また再び国内要因が出てくるのは、参院選を通過し、自民体制が確立されて秋以降かなという印象です。

とはいえ、海外要因は7月もたくさん抱えています。中国経済の鈍化懸念と、その打消しコメントで右往左往させられますが、鈍化懸念が払しょくできることは難しそう。その中国経済に翻弄される豪ドルは、7月に四半期ごとの指標の発表が相次ぎます。RBAの金融政策に影響を与えるものが多いのでご注意を。

続きを読む

為替市場が全般的にやや下値を固めつつあり、豪ドルも一旦値下がりが止まりましたが、チャート的にはまだ安心できる形は出てきていません。昨年12月の86円から4月11日の105円42銭までの約3ヵ月での上昇をすべて吐き出し、先週は一時89円台を割り込みました。週足の一目均衡表では、今週転換線と基準線がデッドクロスになりました。対ドルでも売りが進み、一時2010年9月以来の0・932までドル高が進み、対ドルでも同じく2010年9月以来のポンド高、対ユーロでも2011年3月以来のユーロ高になるなど、対主要通貨でも軒並み豪ドル売りが進んでいます。

18日に発表された6月のRBA議事録では、輸出商品価格の下落を考慮すると、豪ドルが依然として高く、まだ下落する可能性があると示唆しました。また金利についても、利下げに若干の含みを持たせ、引き続き不透明感が高いと弱さが目立つ内容になっています。

続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら