トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ここから大相場コースか?サイバーステップ(3810)

 早見は12月からインスペック(6656)に買いをお勧めして、ここまで当時から株価が2倍以上になるホームランになった。続いて前号の当コーナーで解説したファーマフーズ(2929)も2014年の大相場の時以来の強いチャートの変化を見せている。

 続いて大きな変化を見せてきているのが、東証1部のゲーム株であるサイバーステップだ。今月は月足チャートで5ヵ月線と48ヵ月線(4年)のゴールデンクロスが近づいてきている。これが実現すると前回2017年4月にゴールデンクロスして以来だ。前回は2017年4月末の1700円から6月の高値7980円まであっという間に約4.7倍に大化けしていった。
 
 今回もすでに好業績は明らかになっており、今期は初めての配当(10円)も実施することが発表されている。
インスペックやファーマフーズもそうだが、月足チャートではほとんど棒上げ状態であり、サイバーステップも2017年はやはり棒上げ状態になっていった。相場の世界では時にこうしたことが起こるということは頭に入れておこう。

 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

レポート会員レポート会員

全体的な相場観から、個別銘柄の推奨、アフターフォロー、テクニカル的な変化を見せた銘柄の分析、株式市場に影響する多岐に渡るニュースを早見独自の視点で解説します。
週に一回発行するレポートをお届けいたします。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら