相場観

 米バイデン新大統領の就任式は無事に終わり、20日の米国株価は大規模な経済対策への期待から揃って過去最高値を更新しました。日経平均は1月14日にザラ場で2万8,979円まで上昇して、2万9,000円にあと21円と迫りました。

 一方ここへきて再び動きが出てきたのがマザーズです。マザーズ指数は昨年10月に1,368の最高値をつけてから調整局面に入り、早見も昨年11月上旬を最後にマザーズ株からは遠ざかっていました。しかし11月2日の安値1,146と12月22日の安値1,125でおおよそダブル底の形を作り、今週は1,283まで上昇して10月22日以来の高値になっています。

続きを読む

 昨年12月のセミナーで、2021年の日経平均の高値の目安について3万100円~3万300円と設定していることをお伝えしました。今週は2万8900円台に乗せて新高値になっており、まずは順調に値上がりしています。

 大発会から日経平均は3日連続値下がりの3連敗でスタートしましたが、TOPIXは1勝2敗でしたし、マザーズ指数は2勝1敗。ジャスダック平均は3日連続の値上がりの3連勝でしたから、日経平均ほど別に弱いわけでもなく、まずまずのスタートだと言う事を1月7日のラジオ番組でもお話ししました。

続きを読む

 今週は大発会からの3日間で、日経平均は3日連続の値下がりという3連敗で2021年のスタートを切りました。過去の例を見ると大発会から3連敗の年は日経平均の年間騰落を見ると勝率が33%と非常に低くなっており、弱い年と言えます。ちなみに3日連続値上がりでスタートした年の年間騰落は勝率76%ですから、まったく正反対です。

続きを読む

 今週はナスダック指数が、また終値ベースで過去最高値を更新しました。しかしNYダウは3万ドルの大台に乗せてから頭が重くなっています。英国を中心に変異型コロナウイルスの感染拡大不安が拡がってきており懸念が台頭しています。

 もちろんコロナ問題はもろ刃の剣のようなもので、感染が拡大するから経済不安が高まる。しかし、だからこそより一層経済対策を行うから、それが逆に株価を支える面があるということで光と影が同時並行で、必ずしもプラスともマイナスともどちらにも言い切れません。

続きを読む

 今週はナスダック指数が、また終値ベースで過去最高値を更新しました。相変わらず米国株は強さを保っています。

 一方日本株は、前々回日経平均の月足チャートが2017年後半と同じ形になっていることを指摘しました。2017年後半と同じように今回も11月に日経平均の月足が大陽線を立てた後今月も今のところ小さいながらも連続陽線です。2017年は10月に大陽線を立てて、続く11月はやはり小さいながらも連続陽線でした。そして12月相場で反落して調整安となりました。 続きを読む

 米国株は今週も過去最高値を更新しましたが、日本株の方は米株に比べると見劣りがします。日経平均は今週また終値ベースで今年の最高値を更新しましたが、TOPIXは11月下旬以降頭が抑えられています。また先頭を切って1989年末の過去最高値を更新した日経500も、11月30日の高値2679ポイントから押してきています。新興市場もマザーズ指数が今週は3月の底打ち以降で初めて終値で75日線を下回ってしまいました。
続きを読む

 NYダウが史上初の3万ドル大台乗せを達成したのに続いて、ナスダック指数も過去最高値を更新して、米国株のバブル状況はさらに色濃くなっています。 続きを読む

  今週NYダウはついに史上初の3万ドル大台乗せを達成しました。ナスダック指数も終値での最高値である9月2日の1万2056を抜き、最高値更新となりました。異例のチャート破りの形での米株の強さはまさにバブル相場という言葉にふさわしいものだと前回も書きました。
続きを読む

 さて、米大統領選挙で共和党が勝とうが民主党が勝とうが、米国株は選挙後は年末にかけて上げていくパターンが繰り返されているという見方を繰り返しお伝えしてきました。やはり今回もそのパターンに沿って動いており、NYダウやSP500指数、ナスダック指数は今週揃って過去最高値を更新しました。SP500指数とナスダック指数は9月の月足チャートが過去最高値での陰線包み足という天井打ちの形になっていたのが、選挙後の株高でこの陰線包み足をあっさりクリアしての最高値更新ですから、異例のチャート破りの形になりました。この米株の強さはまさにバブル相場という言葉にふさわしいものです。
続きを読む

 次回の早見のセミナーは11月21日(土)に東京で開催します。特に講義録のお申し込みはセミナー前日の昼12時までのご入金で締め切りとさせていただいています。直前での申し込みは入金確認が出来ずに事務処理が間に合わない場合があります。セミナー前日の講義録の申し込みはお控えいただき、なるべく早めのお申し込みをお願いいたします。セミナーのお申し込みはこちらから
続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら