トップページ > 株式投資コラム > 横尾寧子のFXのはじめかた

横尾寧子のFXのはじめかた

最近、欧州(特にドイツ)の経済指標を見ていると、目に見えて悪化しているだけでなく「欧州債務危機以来の低水準」という記録を見るようになってきました。

続きを読む

世界経済は米中対立の陰に、双方の対応や発言に一喜一憂し、悲観と楽観を繰り返す局面が繰り返されており、テクニカル指標などを判断材料にしづらい地合いが続きます。また、世界全体的に景気減速が懸念されていますから、ここはファンダメンタルズに注視ですね。

続きを読む

8月7日、NZ準備銀行が政策金利を50bp引き下げるサプライズの引き下げ幅での利下げを決定しました。利下げ自体は織り込まれていましたが、市場予想は25bp、それが倍の50bpを一気に引き下げたことで、NZドルは1円以上急落し、お隣の豪ドルも連動して大きく下げました。

続きを読む

31日のFOMCでアメリカが約10年半ぶりに利下げを決定したのは既報の通り、その後トランプ大統領がパウエルFRB議長を口撃するのも想定通りでしたが、ドル円は109円台まで上昇し、円安が日本株を押し上げる動きになったのが8月1日でした。

続きを読む

7月23日、メイ首相に代わって英国にボリス・ジョンソン新首相が選出されました。かつてロンドン市長を務め、一風変わった人柄と髪型(?)で知られていますが、2016年6月に実施されたEU離脱を問う国民投票では、EU離脱派として世論をけん引した人物です。

続きを読む

もうすでに長期化している米中貿易交渉ですが、時折り「長期化懸念」という解釈でマーケットに襲いかかります。今週もそのような地合いでしたが、18日に米農務省が公表した最新の数値によると、中国は先週、米国産ソルガム(モロコシ)を4月以降で最大規模の5万1072トン買い付けたことが明らかになりました。米側から突き上げられていましたが「実際に動いている」という姿勢を見せては来ました。

続きを読む

今週末の日本は、海の日の3連休を控えています。週末リスクに備える点で注意しておいていただきたいのが、15日(月)、中国の第2四半期GDPが発表されます。4月に発表された第1四半期GDPは6・4%で2018年第4四半期と横ばいとなりましたが、今回はファーウェイ制裁などが加味されます。現在の予想値は6・2%で、予想通りとなると天安門事件の翌年1990年以来の、29年ぶりの低水準となります。中国の景気減速は金融市場のリスクオフへの動き、豪ドル売りに繋がるので、ご注意ください。

続きを読む

7月末に控えるFOMCでの利下げが大方織り込まれてきた中、今日5日は6月の雇用統計が発表されます。前回のNFPは+7・5万人と鈍かったのに対し、今回の各社の予想はやや回復の見通し。

続きを読む

RBAの試算2019.06.28

下落の続いていた豪ドルは73円92銭の安値で一旦戻し、底入れ感が出てきました。週末にかけてはG20というより米中首脳会談に大きな注目が集まっており、解決に向けた道筋への期待が市場を後押ししています。ドル円でのドル売りが足を引っ張り、豪ドル円の伸びも緩やかです。

続きを読む

今週18-19日に行われた米FOMCで利下げスタンスが明示されたことを受けて、円高基調が止まりません。米債は2016年11月以来の利回り低下になっています。対して米株は利下げ思惑で上昇し、米中首脳会談が行われることもプラス材料になって、海外はほぼ全面高の様相ですが、円高が足を引っ張り日本株だけは鈍い動きになっています。今週の終値は2万1258円、204円安、約1%の値下がりになりました。この円高の流れは、もうしばらく続きそうです。

続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら