トップページ > 株式投資コラム > 横尾寧子のFXのはじめかた

横尾寧子のFXのはじめかた

4年に一度の米大統領選挙、そして10年に一回の国家主席交代を迎える中国共産党大会と大きな政治的スケジュールをこなし、そろそろ年末に向けた相場へのスケジュールを考えておく頃合いになってきました。

11月15日にはヘッジファンドの45日前期日、22日はアメリカの感謝祭、そして12月末にはクリスマス、そして米企業の決算期末を迎え、年末年始という慌ただしい時期がやってきました。ポジションのドテンが出やすい時期ですから注意して下さいね。

続きを読む

日本市場は日銀の緩和報道を受けて、日銀の発表前より不動産株、REITの上昇が目立っていました。追加緩和による不動産上昇効果期待の思惑が高まった結果ですが、現在は世界中の中銀が緩和を行っており、不動産市況の回復は世界のあちこちで見受けられます。

香港政府は26日、本土の中国人やQEで溢れたマネーによる不動産買いでの価格上昇を抑えるため、不動産価格抑制策を発表しました。香港株への資金流入も続いており、香港ドル高抑制のため、当局による介入が再び発動されました。この緩和マネーの流入は、アジアの新興通貨へますます広がりを見せてくると見られています。

続きを読む

先週18日に報道された「10月30日、日銀追加緩和実施」という思惑を受けて、マーケットは久しぶりに日本を主役にした動きが続いています。思惑期待からドル円、クロス円は上伸し、ドル円は7月6日以来3ヵ月半ぶりに一時80円台乗せとなり、200日線を上に突破してきました。前回8月にも同様の動きを見せましたが、その時は3日反騰で値を消し、再び下抜けとなって200日線が重く上値を抑えてきましたが、今回は21日線などその他の移動平均線も上向きになっており、一目均衡表の雲も上抜けしています。遅行線も同様の形になっており、明らかに今回のチャートは上値を試しやすい強い形になっています。

続きを読む

12日、EUのノーベル平和賞受賞が発表されました。相変わらずの露骨な選定・・・と皆さん思いますよね。ただこれでEUは崩壊しない、させないという強いメッセージが送られたのかなと感じると、今のユーロへの投資妙味も増してきます。実際にノーベル賞発表直後に開催した弊社セミナーでの通貨アンケートを拝見していると、中長期でユーロ投資へ関心を持つ方が非常に多く、大きな流れの変化が出てきているように感じますね。

また先般S&Pがスペインの格下げを発表し、ムーディーズが近く追従するのではないかという思惑がありましたが、16日のNY時間、ムーディーズは投資適格級を据え置くと発表したことも好材料となり、ユーロは対円で再び103円台まで値を戻してきました。

続きを読む

QE3発動後最初の雇用統計が、5日(金)に発表されました。非農業部門雇用者はほぼ予想通りでしたが、インパクトは失業率。こちらは予想8・2%に対し、7・8%と大幅な回復の数字となりました。これは2009年1月以来3年8ヵ月ぶりの低水準です。

9月に決定したQE3では雇用が回復するまでというお題目を高々と掲げているだけに、数字だけだとかなりのインパクトがあります。

続きを読む

アメリカがQE3を発動した根本には、雇用の回復を強く望むという姿勢が打ち出されていました。まだその効果が波及するには時間がかかりますが、ひとまずQE3決定後最初の雇用統計が今週金曜日に発表されます。

8月の雇用統計はNFPが9・6万で10万件を割り込み、QE3発動の引き金の一つになりましたが、今回の予想平均値はこれを上回る12〜13万人が見込まれています。ただし注意なのは失業率で、こちらは前回8・1%と若干の回復を見せましたが、今回は8・3%が予想値と悪化を見越しています。

続きを読む

日米の金融緩和策が出揃い、ひとまず落ち着きを見せるかと思いましたが、日本の政治不安や極東アジアの情勢不安も併せて、再び77円台まで円高が進行してきました。25日も安住財務相が「引き継ぎの期間に空白は生じない。最後の1分1秒まで徹底的にやる。」と強いコメントを出しましたが・・・鎮静化させるパワーはありません。

2月の金融緩和発表時点76円のドル円が84円まで急伸していきましたが、その上昇分はほぼ帳消しです。アメリカの景気指標は緩やかな回復を見せてきています。住宅関連は伸びを見せており、景況指数も悪化しなくなりました。予想より良い数字が続き、NYダウは2007年の上場来高値を狙う動きになってきました。株高ドル安政策の効果が緩やかに出てきていますね。またQE3は雇用が回復しない限り無制限で実施するということを明言していますので、失業率が改善しない限りはMBSから国債やその他金融商品に広がるのではないかという強い姿勢も知らしめています。

続きを読む

ECBの緩和決定に続き、ドイツ憲法裁判所もESMを承認することで決着がつき、ユーロの悪材料が出尽くしになってきました。加えてFOMCでアメリカも緩和策を発動したことでドル売りが進み、ユーロの強さを後押しする動きになっています。

ユーロドルは1・31まで続伸。今年4月以来の高値まで上伸してきました。7月には1・20割れ寸前までユーロ売りが進みましたので、2ヵ月で1000ピップス以上もの上伸を見せたわけです。

続きを読む

アメリカのFOMCを控えて、各国緩和への期待が高まる中、この夏ぐらいからマーケットの動き方に変化が出てきたように感じます。例えばリスクオンですが、ネガティブ要素が出る→株価が下がる→全面円買い、ドル買いという動きが一連のパターンとして繰り返されてきていましたが、この動きにばらつきが見られるようになりました。理由はファンダメンタルズにあるわけですが、円高もユーロ売りもある程度歴史的な水準まで動いたあとなので、もう一段の突っ込みをするには心理的に負担なところもあります。その点を突かれて、反発場面がこれまでよりも強いかな?という印象でしょうか。なので、これまでのリスクオン、リスクオフという一連のパターンの見方を変えて、トレードポジションを構築していく必要があると思います。

続きを読む

先週8月31日(金)、バーナンキFRB議長の講演がジャクソンホールで行われました。内容自体は早急なQE3の実施を促すものではありませんでしたが、雇用情勢に強い懸念を抱いていること、必要ならば追加的な金融緩和措置を取るとしたことで、QE3実施の期待をつないだという落とし所になりました。

これを受けて7日に発表される8月の雇用統計には、一段と注目度が高まります。

続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら