臨時コラム

かねてから早見もREITに対しては強気で取り組み、5月の東京セミナーでヘルスケア&メディカル投資法人(3455)を買い推奨したのを皮切りに、
セミナー週刊レポートなどで次々と注目REITを取り上げてきた。

続きを読む

日本の9月の日銀短観は大企業製造業の景況感を示す業況判断DIが前回6月比マイナス2ポイントのプラス5となり、6年3ヵ月ぶりの低水準に落ち込んだ。

続きを読む

赤羽国土交通相が24日の会見で、全国の自治体に対して実施したカジノを含む統合型リゾート(IR)の意向調査について、9つの自治体が申請予定または検討中と回答したことを明らかにした。

続きを読む

前回の当コラムでカジノ関連のスケジュールについて取り上げた。直近で横浜市の林市長がIR誘致の姿勢を記者会見で発表し、これを受けて大阪で事業化を考えていた海外のカジノ企業が一部横浜に乗り換える方針を打ち出すなど情勢に変化が出ていた。

続きを読む

9月11日付の産経新聞によると、国土交通省は全国の都道府県と政令指定都市に対して、カジノを含む統合型リゾート(IR)の設置意向や開設時期などに関する調査を今月中に行なうことが明らかになった。この調査は昨年9月に続いて2回目で、前回は態度を明確にしていなかった東京都などの方針が注目される。

続きを読む

東証一部のゲーム株、KLab(クラブ)(3656)は8月相場で株価が急上昇し、1月以降作られていた戻りの壁を突破して上放れの形になっていた。

続きを読む

世界的な金利の低下傾向が続き、ついにアメリカでは2年債と10年債の利回りが逆転する逆イールド現象も12年ぶりに起きてしまった。このため、利回り面から優位性が高まっているREITに対する買い人気が終わらない。早見も8月17日のサンワード貿易主催のセミナーで、改めてREITを買い推奨した。

続きを読む

クラウド経由でソフトウェアを提供するサービスである「SaaS(サーズ)」(Software as a Service)がこのところ注目度を高めてきている。深刻な人手不足を背景に政府も働き方改革を政策的に推進しており、企業でも業務の効率化、現場の負担軽減、コスト削減などに効果が大きい「SaaS」を導入する動きが広がってきている。

続きを読む

1958年に東京タワーが完成してテレビ時代が本格的に始まり、映画からテレビへの娯楽の主役がバトンタッチされた。それから60年が経過し、今度はテレビからインターネットへとメディアの主役がバトンタッチされてきたことがいよいよはっきりしてきた。

続きを読む

東証一部のアシックス(7936)は2015年に4000円で大天井を打ってから延々下げ続けていたが、8月2日に1118円の最安値を付けた。

続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら