臨時コラム

 スガノミクスの関連株のシンボル的な存在として買い人気を集めて値上がりが続いていた東証1部のチェンジが、ついに大暴落した。9月28日の前場に1万2780円の上場来高値をつけたが、その日の終値は一転して9,370円のストップ安になってしまい、9月30日に再び8060円迄急落した。これで上場来高値からあっという間に37%の下落率という大暴落となった。 続きを読む

 菅政権が少子化対策の目玉として、結婚資金のハードルを引き下げるために、新婚世帯への家賃補助などを倍増する方針を固めた。
続きを読む

 サザンオールスターズや福山雅治など有名アーティストを抱えているが、新型コロナでコンサートなどイベントが全滅となり業績は落ち込んでいる。
続きを読む

 東証2部の杉村倉庫の株価が久しぶりに動き出した。この株は大阪カジノの思惑で2018年1月に3,680円で大天井をつけてからは大暴落して、今年3月に337円でようやく大底を打った。
続きを読む

 いよいよ菅新政権が発足することが事実上決まったので、株式市場でも菅関連株が取りざたされて、菅氏が注力した「ふるさと納税」の関連でチェンジ(3962)が大きく値上りした。
続きを読む

 8月22日の東京セミナーで推奨銘柄とは別に注目株として数銘柄ご紹介したが、この株もそのひとつだった。セミナー直後の8月24日の寄り付き値1,910円から26日には2,007円まで順調に値上がりして75日線を突破してきている。
続きを読む

 テレワーク関連株の代表である東証1部のブイキューブの株価が大きく変化してきた。4月の高値1483円と6月の高値1,435円で週足チャートでは1,400円台で上値抵抗ラインが作られていた。
続きを読む

 4月にオンラインセミナーで今年後半の原油相場の上昇を見越して、東証1部の国際帝石(1605)を買い推奨した。当時株価は638円だったが、その後6月の高値816円まで大きく値上りして、有料情報で利食い売りを指示した。
続きを読む

 新型コロナの感染者拡大に日本中が恐れを感じており、自治体によっては独自に緊急事態を宣言するところも出てきた。このためまた巣ごもりムードが広がってきており、株式市場でも関連株が注目されているが、外出せずに暮らしたり仕事をするとなれば宅配サービスに頼ることになる。このため個人向けの宅配に強い丸和運輸機関(9090)や佐川急便のSGHD(9143)の株価の値上がりが目立っている。
続きを読む

 日本が4連休中に、米国内にある中国の領事館が閉鎖され、スパイ活動を行っていたとみられる人物がFBIに逮捕された。これに対して中国側も中国にある米領事館閉鎖という報復措置をとる事態になった。これにより米中対立はこれまでの通商問題から軍事的な行動に移る可能性を感じさせる事態に移行した。大使館や領事館の閉鎖は戦争一歩手前のことであり、今までのように「どうせ適当なところで妥協するだろう」というような見方は危険である。 続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら