トップページ > 株式投資コラム > 横尾寧子のFXのはじめかた

横尾寧子のFXのはじめかた

引き続き低ボラの為替市場ですから、“何か”から動意づくキッカケを探そうと市場参加者が目を凝らしている様子が伺えます。ただ、期待された15日夜(日本時間)のイエレン議長証言は、米株が史上最高値を更新している状況ですから、株価を冷やすような言質は極力抑えて来るのが当然のことではあり、特段の材料にはなりませんでした。そろそろ本格的なバケーションシーズンに突入になりますので、一段と手掛かり材料難が予想されます。

直近で少し動きを気にしておきたいのがNZドルです。連続利上げを背景に上昇してきましたが、ちょっと勢いに息切れでしょうか。対円では89円台まで上昇して一服し、対ドルでは2011年8月以来の高値に顔合わせしてからの下落がキツくなっています。NZは今月24日にRBNZを控えていますが、その次は9月になりますから、8月はこちらも材料難になりそうです。

続きを読む

雇用統計の結果を受けて一時102円台まで上伸したドル円ですが、長くは続かずに再び101円台ミドルまで押し戻され、200日線を割り込んできました。

夏は全体的に材料が出辛い時期ですから、じりじりとドル安が続く中で、次の方向感が出るのを待ち構えるという向きになりそうですが、その1つの節目が、8月末(日程詳細は現状未発表)に開催されるジャクソンホール会合でしょうか。

続きを読む

ドル円が200日線を下回り、ユーロ円は200日線がしっかり上値を抑えられている中、今年年初から1ヵ月で10円近く値を下げたカナダドルが、6月20日に200日線を半年ぶりに上回り、ひとり切り返しの強気上昇を見せています。

この20日に発表された5月のCPIが、前年比で+2・3%となり、12年2月以来の高水準になったことから風向きが変わりましたが、加えてイラク問題が浮上したことで地政学的リスクから原油が上昇し、このエネルギー価格の上昇が強い追い風になっています。

続きを読む

このところ堅調に買いを集めてきたオセアニア通貨が、現時点ではイラク問題織り込み済みとみて、軟調になっています。豪ドルは23日午前に発表された中国6月のHSBC製造業PMIが50・8と6ヵ月ぶりの水準になったことを好感し、ひとり上に飛び出し、直近高値の96円32銭まで上昇後、値を消しています。

同様にNZドルも値を消しています。短期トレーダーは戻り売りで見ていますが、中長期ポジション狙いであれば、押し目を待ちたいところ。89円92銭の高値から85円85銭の安値の50%戻しが87円88銭、サポートになる21日線が87円87銭、一目均衡表の雲の上限が88円12銭になりますから、87円80銭台あたりに指値を入れて様子をみるのも一考です。

続きを読む

NZに続く利上げ通貨として、このところ一段と期待が高まっている英ポンドが、長期チャートでも大きな変化を見せています。

ポンド円の月足チャートを見ると、5月に一目均衡表で雲を上に抜けてきました。2008年9月に完全に雲を下抜けて以来、5年8ヵ月ぶりの大きな変化です。ポンドドルのチャートもこの夏、同様に一目の雲を上に抜けるタイミングになってきたようなので、注目です。

続きを読む

先般のECBの政策決定を受けて、市場はユーロ売りの買戻し、反発の動きになりましたが、時間が経過するごとに、政策についても評価が再考されるかのごとくユーロ売りがじわじわと進む流れになっています。

決定内容は既報ですので略しますが、ドラギ総裁は「これで終わりではない」と継続していくことに含みを持たせていますので、次回7月3日のECB会合で、今のスタンスの継続についてどんなメッセージを市場に示すか、引き続き非常に注目が集まります。

続きを読む

週明けから第一生命による米プロテクティブ・ライフ買収について報道されていましたが、6月4日午前に正式に買収決定が報じられました。買収額は5882億円で、買収完了時期は今年12月~来年1月頃という見込みで、今期の通期業績に連結で計上される予定です。

この発表を受けて、ドル円は素直に円安に傾斜しました。このところ下げにくく底堅い動きになっていましたが、買収によるドル需要が心理的にドル買いをサポートする動きになっています。

続きを読む

直近の円買い地合いからドル円、クロス円ともじりじりと値を戻してきていますが、この間に出てきたネガティブなファンダメンタルズや地政学的リスクの燻りを受けて、小幅円売りながら動きが鈍い日が続いています。

直近では、先般お伝えした米ファイザーによる英アストラゼネカ社買収が一旦破談になりました。今後の流れは分かりませんが、これは英経済にマイナス要因であったものの、連休明けの米欧の堅調地合いに連れる形で株価は再び上昇し、英ポンドも下げ足が強まることもなく、しっかりと高値を保って、悪材料が織り込まれた動きになっています。ポンドは170円台が安定した水準に固まりつつありますね。

続きを読む

先週14日に発表された2013/14年豪政府予算案は、発表直後の為替及び株式市場の反応は限定的で、翌日には上昇基調も見られましたが、次第に雲行きが変わってきました。

週明けはS&Pが「豪政府が今後数年間で大幅な歳出削減をしなければトリプルAの格付けを見直す」とコメントし、国内では今回の予算案を受けて現政権への支持率が急落したことが取り沙汰されています。昨年9月8日に約8年ぶりの政権交代を果たした現政権ですが、その支持率は44%、前政権の労働党は56%と大きく差を開けられているという内容でした。豪ドルは売りが進み、20日には93円台まで突っ込んできており、同じオセアニアのNZドルも連れ安になっています。

続きを読む

クロス円通貨の強弱がまちまちな中、オセアニアには依然として注目が集まっていますが、では今、豪ドルとNZドルとどちらが良いでしょうか。

前回の当コラムでも書きましたが、ゴールデンウィークはNZドルが圧倒的な強さになりました。でも豪ドルだって堅調です。

続きを読む

20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »
☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら