横尾寧子のFXのはじめかた

 いよいよ1月20日、アメリカはバイデン新大統領が誕生します。ただ全米各州でバイデン新大統領を良しとしないトランプ支持派による暴動の計画が表沙汰になるなど、非常にきな臭い就任当日になりそうです。

 さらに、欧州では今年9月に退任するメルケル独首相に代わる後継者選出のCDU党大会がバーチャルで今週実施され、その結果が来週22日に発表されます。16年にわたる長期政権を樹立した欧州の女帝メルケル独首相の後を継いでいくわけですから注目が集まります。その後与党CDUは、新党首の下で9月の総選挙に向けて選挙運動を展開していくことになります。 続きを読む

 新年あけましておめでとうございます。この年末年始は英がEUと暫定合意をし、正式に離脱するということがありましたが、為替は特段荒れることも有りませんでしたが、いざ市場が本格的に始まってみると、週初は円高が強まり1月6日には一時102.592の直近最安値を更新しましたが、その後世界的なリスクオンを追い風に一気に円安に転換し、直近で104円示現の上昇となりました。為替市場に今は強い主体性がありませんので、株式市場にらみの動きがもうしばらく続きそうです。ただ、各国の金融政策やファンダメンタルズの一段の悪化には警戒を。
続きを読む

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら