大手銀行株、復活2018.07.27

このところ金融緩和の副作用に配慮する観点から、金融政策の見直しを本格的に検討するという内容の報道が出てきており、これを受けて大手銀行株や第一生命等金融セクターから買い戻しの動きが活発化してきている。

早見の週刊レポート会員が持続していたみずほフィナンシャルグループ(8411)も6月22日と7月5日に184円前後で二点底の形を作って、今週は197円台まで値上がりしてきた。5月24日以来2ヵ月ぶりの水準を回復し、一目均衡表の雲の上にも抜け出している。今週は週足のMACDもゴールデンクロスのところにきており、13週線も上回ってきたので更なる戻りが期待される。

チャート的には1月の最高値と5月の戻り高値を結んだ右下がりの上値抵抗ラインを今週上に突破しており、日銀の金融政策を横目でにらみながらどこまで値戻しが進むか注目したい。

■みずほフィナンシャルグループ(8411) 週足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら