トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 緊張高まるイラン情勢

緊張高まるイラン情勢2018.08.10

イランに対するアメリカの制裁措置が再発動されたことを受けて、イラン情勢が不安感を高めてきている。イラン国内でも経済低迷に抗議するデモが行なわれており、イランの通貨の下落も大きくなってきた。

11月に予定される次の制裁措置にはイラン産原油の禁輸が盛り込まれており、これに反発したイラン側がペルシャ湾の入り口であるホルムズ海峡を封鎖する姿勢をほのめかしてきている。ホルムズ海峡はイランだけでなくサウジアラビアやクウェート、イラクなどからの原油がタンカーで運ばれる重要ルートで、世界の海上輸送原油の3割以上が通過している。しかもその内8割以上が日本などアジア向けであり、万が一ホルムズ海峡に有事が起きた場合は、日本経済にとっては生命線を脅かされることになる。

NYの原油相場は昨年6月の底値42ドル台から今年7月に74ドル台まで値上がりして、2014年11月以来の水準に上昇してきた。

ホルムズ海峡を封鎖すればイランが国際社会からの大きな反発を招き、孤立する道を選ぶことになりかねないのでそう簡単には踏み切れないだろうが、アメリカは中国に対する貿易戦争など強気で攻勢をかけているので、まさに油断することが出来ない状況になっている。

■WTI原油 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら