トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ノーベル医学生理学賞と小野薬品

ノーベル医学生理学賞と小野薬品2018.10.05

10月1日に発表された今年のノーベル医学生理学賞は、京都大学名誉教授の本庶 佑(ほんじょ たすく)氏が受賞したが、その研究成果である「PD-1」が小野薬品工業(4528)の画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」を生み出すことになった。「オプジーボ」は既に広く使われており、実際に多くの患者の命を救っているだけに、今回は史上初のノーベル賞のお墨付きを得たがん治療薬ということになった。

このニュースで株価は10月2日に3430円まで急上昇して、3月の3389円を抜き新高値になった。その後は利食い売りに押されて反落しているが、今回の受賞によりこの薬に対する注目度が更に高まり、適用範囲の広がりが期待できるので、長い目でじっくりと見ていくべきだと思う。

2012年に京都大学の山中教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞した時に当時タカラバイオ(4974)が数ヵ月間に渡り大きく値上がりしていったが、形としてはその時を参考にすべきだと思う。

■小野薬品工業(4528) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら