トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 大阪万博、現実買いへ

大阪万博、現実買いへ2018.11.30

2025年大阪万博開催が決定したことで、万博関連株が今週一斉に急上昇してきた。昨年末から取り上げてきた東証二部の杉村倉庫(9307)のような大阪ウォーターフロント関連株だけでなく、開催が正式に決定したことで、万博会場の建設工事に関連する銘柄群が現実買いのターゲットとして注目度を高めてくるだろう。

前回の大阪万博で電気工事を大半請け負った東証一部の、きんでん(1944)や、前回の大阪万博だけでなく、その後のつくば博や愛・地球博などでいずれも関連施設の受注があった東証二部の三精テクノロジーズ(6357)、展示施設などのディスプレイ、企画設計、施工の最大手である乃村工藝社(のむらこうげいしゃ)(9716)などが現実買いの代表として注目される。

■乃村工藝社(9716) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら