トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > シャープの株価が再び底割れ

シャープの株価が再び底割れ2012.10.12

経営不安問題で大揺れとなっているシャープ(6753)だが、株価はここ直近で再び急落し、10月9日に150円まで下げて8月15日の安値164円を約2ヵ月ぶりに下回り、再び底割れとなった。これで41年ぶりの安値まで売り叩かれてきた。

取引金融機関は3600億円の融資を決め、今年度中の資金繰りについての不安はひとまず解消された。

しかし、肝心のホンハイ精密工業との提携交渉が一向に進展せず、10月6日付の読売新聞ではホンハイがシャープに対して収益源の中小型液晶事業を分社化して両社の合弁事業にするよう求めていることが報じられた。シャープ側ではとても受け入れられる条件では無いと見られており、提携交渉の行方に改めて不透明感が広がった。

ここ直近ではシティ証券が目標株価を180円から110円に引き下げたほか、ゴールドマン・サックスも175円から120円に引き下げ、投資判断も「中立」から「売り」に引き下げたため、投資家の不安が再燃し、再び株価が急落した。

一部の報道ではシャープはホンハイとは別にアメリカのインテルとも出資交渉を行っており、今月中の合意を目指しているとされているが、いずれにしてもまだ具体的な進展が何一つ出てきていない。

当面の資金繰りは不安がなくなったとはいえ、肝心の経営再建の柱になる提携交渉がまとまらないのはやはり大きな問題点である。このためニュース一つで株価の急反発もあり得るものの、依然として下値不安が解消されていない。

この株は推奨銘柄では無いが、投資家の関心が高いので折に触れてコメントを行っているので参考にしていただきたい。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら