トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 日経平均のブル・ベアETFを活用しよう

日経平均のブル・ベアETFを活用しよう2014.12.19

このところ日本株も下げ波乱になっているが、個別株の売り買いももちろんだが、日経平均の上げ下げを活用して、トレンドにしっかり乗って儲けていくために、日経平均のETFを活用することを是非お勧めしたい。

例えば、日経平均が値上がりしていくトレンドであれば、日経225レバレッジETF(1570)を買い、日経平均の上昇率の2倍の上昇率で利益を上げることができる。

逆に日経平均が値下がりしていくトレンドの場合には、日経225ダブルインバースETF(1357)を買うことで日経平均の下落率の2倍の上昇率で利益を上げることができる。

どちらも1株単位で買えるので、零細な投資資金の投資家も積極的に活用すべきだ。個別株は様々な要因で動いていくので、ある意味難しい判断が迫られるが、これに対して日経平均は相場全体の方向性を示すので、非常に分かりやすい。もちろん騙しの動きもあるが、個別株のように致命的な損失を被ることもない。

また、下げトレンドに入ったと思えば、日経225レバレッジETFをカラ売りする方法もある。早見もEメールやFAX会員、有料情報サービスでは、これらのETFを積極的に活用している。

最近では、日経平均が10月17日に底打ちした翌日、日経225レバレッジETFを買い推奨し、12月8日に最高値をつけた2日後に利食って頂き、短期間で34%の値上がり率で利益を確定させた。こうしたETFを活用していくようにしよう。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら