トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ダブル・スコープの業況拡大続く

ダブル・スコープの業況拡大続く2015.10.30

会員向けレポートで買い推奨したダブル・スコープ(6619)の株価が上昇を続けている。会社側は、15年12月期の配当を5円上積みして、10円を初配当にすることを発表した。

この会社はリチウムイオン電池セパレーター(絶縁材)の専業メーカーだが、特に韓国や中国向けの供給が主力となっている。

10月28日付の日経新聞では、韓国のLG化学がアメリカのテスラ社に対して、電気自動車用リチウムイオン電池を新たに供給することで、最終調整に入ったと報じている。

LG化学はGMやルノーなど世界的に供給を行っており、中国の新工場完成で生産能力は従来より4割増えて、電気自動車18万台分以上となった。

このようにLG化学のリチウムイオン電池事業が、拡大の一途をたどっており、セパレーターを供給するダブル・スコープ(6619)にとっても強力な追い風となっている。

株価がどこまで値上がりするかは神のみぞ知ることだが、すでに上場来高値を更新して青空相場に突入しており、今後の動きが大いに注目される。

 ■ダブル・スコープ(6619)
20151030 ダブル・スコープ(週足 10年)chart_yahoo_co_jp

 ※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら