相場は相場に聞け2014.11.14

前回の当コラムでは、改めてロスカットルールを厳守することの大切さを書いておいた。

材料にこだわったり、銘柄に惚れこんでしまうと売るべき時に売れずに致命的な大損を被ったり、長期塩漬けになることが良くあるので、どのような銘柄にせよ、最悪の場合でも自分の買い値から2割下がった時には見切りをつけて手仕舞い売りをしていかなければならない。

一方これは逆の意味でも重要だ。すなわち、自分の考えにこだわってしまうと、買うべき時に買うことができず大きな値上がりの利益をみすみす逃してしまうこともまた個人投資家にはよくあるパターンだ。

例えば、日銀がここで動くはずがないと思い込んでいた人は、突然日銀が追加緩和に踏み切った時に素直に買い出動出来ればよいが、今までの考えが邪魔をしてつい出そびれてしまう人もいただろう。

あるいは消費税再増税延期についても、そのようなことは絶対にあり得ないと思いこんでいた向きは、このところ解散総選挙、増税延期ということが連日報じられているが、そんなはずはないと決めつけてしまい、買い出動することが出来なかっただろう。

このようにどのようなことであれ、良くも悪くも、こだわったり、決めつけたり、惚れこんでしまうと、自分を締めつけてしまい、現実の株価の変化について素直に受け止めることができなくなる。その結果、思わぬ大損を被ってしまったり、大きな利益をみすみす逃してしまったりする。

相場の世界は理屈通りにはいかない場合がある。だからこそ昔から「相場は相場に聞け」という言葉があるわけで、現実に株価がどのような動きをしているかによって判断していくことが重要だ。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら