トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 野中の一本杉の日本通信

野中の一本杉の日本通信2018.06.15

日本通信(9424)の月足チャートを見ると、2014年の大天井1268円から延々下げ続けていたが、今月出来高激増で月足で大きな陽線が一本立ち、いわゆる野中の一本杉の形となった。

20ヵ月線も上に突破したが、これも2014年の天井打ち以降で初めてとなっている。

新規カラ売り停止の信用規制がかかっているのでしばらく調整場面と思われるが、月足を見る限りではまだ始まったばかりであり、今後どの様な展開になっていくか目が離せない。

とはいえ、業績も悪いので推奨銘柄として取り上げることはとても出来ない。

■日本通信(9424) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら