トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ドル円、下値抵抗ライン割り込み

ドル円、下値抵抗ライン割り込み2018.06.29

ドル円は2015年6月に125円台で円安のピークを付けた後、2016年12月に118円台の戻り高値、昨年11月に114円台の戻り高値というように、高値を切り下げる形になっていた。これらを結んだ右下がりの大きな上値抵抗ラインを抜けていなかった。

逆に2012年9月の底値77円台がアベノミクス相場の円安トレンドの始まりだったが、これと2016年6月の安値99円台を結んだ右上がりの大きなサポートラインが作られていた。しかし今年2月にこのサポートラインを下回り、トレンドの変化を確認した形になっていた。

その後3月に104円台まで下げた後、5月は111円台まで戻したが、依然として壊れたトレンドを覆すには至っていない。

例年夏場は円高になりやすいとも言われるが、世界的な貿易戦争の激化などリスク要因が色々とある中で注意が怠れない。

■ドル円 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら