トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 日米株価、月足陰線つつみ足

日米株価、月足陰線つつみ足2018.10.26

10月のセミナーでも解説したように、今月はNYダウ、日経平均、TOPIXの月足が揃って陰線つつみ足で崩れてしまった。

NYダウは過去最高値、日経平均はアベノミクス相場での最高値、TOPIXは戻り高値での陰線つつみ足であり、非常に不気味で気になる形と言える。過去20年ほど遡って振り返って見ても、もちろんダマシはあるものの、大きな上昇相場でこのような形が出現するのは決して安心できるものではない。

日経平均だけを例にとっても2007年の小泉ミニバブル相場の天井打ちの場面でこの月足陰線つつみ足が出現しており、2000年4月のITバブルの天井打ちの時にも出現していた。

TOPIXも2015年8月の高値や、2000年7月の高値で出現しており、いずれもその後大きな暴落相場に突入していくスタートを告げた悪い形になっていた。

そこに今回はNYダウも加わっており、10月相場の崩れは決して軽く見るわけにはいかないので、十分に注意していく必要がある。

その辺りについては10月の月足確定を受けて、11月10日開催の東京セミナーで改めて詳しくお話したいと思うので、是非参考にしていただきたい。

■日経平均 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら