トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 日経平均、サポートライン突破

日経平均、サポートライン突破2018.11.02

前回の当コラムでは日米の株価が10月に月足陰線つつみ足で崩れたことを指摘したが、日経平均の月足チャートを見ると2016年の底値から作られていた右上がりの大きなサポートラインを今月完全に下に突き破り、尚且つアベノミクス相場での最高値で月足陰線つつみ足となり、大きな変化を見せた。

この右上がりのサポートラインだが、アベノミクス相場の実質スタートになった2012年11月の安値と、2014年10月及び15年9月の安値を結んだ大きなサポートラインもあったが、これを下に突き破ったのが16年1月で翌2月に更に一段安になり、結局15年6月の高値から16年2月の安値まで約29%値下がりしてようやく下げ止まった。

今回も今月サポートラインを下に突き破ったばかりであり、短期的な反発は当然として、大きな捉え方からすれば引き続き油断が出来ないので、その点はしっかりと頭に入れておこう。

■日経平均 月足

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら