トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > ゴールドウイン、大変化

ゴールドウイン、大変化2018.11.09

10月13日の大阪セミナーで会場にわざわざ来ていただいた方々へのサービスとして、推奨銘柄とは別にゴールドウイン(8111)を注目株としてご紹介しておいた。

セミナー直後の10月15日の寄り付き値8500円から11月9日には1万840円まで27・5%の値上がり率になっており、6月の上場来高値1万330円を5ヵ月ぶりに抜いた。

会社側が今期の経常利益の予想を従来の80億円から95億円に大幅上方修正を発表したことが刺激となった。

それだけではなく元々この会社は山形県のベンチャー企業スパイバーに出資しており、スパイバーが開発している人工クモの糸に関する思惑が底流にある。

週足チャートは直近で2本の長い上ヒゲを引いていたが、これをクリアしての新高値だけに今後の動きが注目される。

■ゴールドウイン(8111) 週足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら