トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > どうなる、大阪万博

どうなる、大阪万博2018.11.16

いよいよ11月23日に2025年万博開催地が正式に決定する。今回は大阪とロシア、アゼルバイジャンの3つの都市で争ってきた。もちろん大阪での開催が決まり、さらにカジノを含む統合型リゾートの立地も大阪で決まって欲しいという願いの元にかねてから思惑が底流にあった。

まずは大阪万博が決まるのではないかということで、株式市場でも直近で東証二部の杉村倉庫(9307)の株価が再び上がり始め、週足の一目均衡表で基準線を突破してきた。

ただ、10月23日付の日経新聞によると、9月上旬に大阪府の松井知事が政府の最新の票読み分析を知らされ、日本を支持する国は半数に届いていないということが分かり、ショックを受けたことが報じられていた。それを受けてさらに一段と誘致のロビー活動に力を入れていると思われるが、特にオイルマネーを背景にしているアゼルバイジャンは宗教的な繋がりの深い中東やアフリカ諸国等で票の獲得攻勢をかけているということで、最後まで予断を許さない状況と見られる。

11月23日に果たして大阪で決まるのか、それとも落選するか、万博関連株に期待を持っている向きはあくまでも賭けであることを承知して取り組む必要がある。

■杉村倉庫(9307) 週足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら