REITを見直そう2019.01.25

年末に相場全体の大きな下げ波乱が起きたが、日経平均やマザーズ指数などに比べて強さを見せたのがREIT(リート)である。上場REITをひとまとめにしている東証REIT指数連動型ETF(1343)は一昨年11月の底値から一貫して右上がりの基調を保っており、12月に一時的に急落はしたものの、すぐに元に戻って直近今週では12月の高値を抜き、一昨年2月以来の水準まで上昇している。

投資家の間には配当利回りが高い株を好む向きも多いが、普通の株式の場合には昨年末の下げ波乱でも浮き彫りになったように、高配当利回り株といえども株価が大きく値下がりする。それによって配当利回りなど簡単に吹き飛んでしまう。それに対して上場REITは配当利回り4%前後のものがゴロゴロあるが、指数の動きを見ても分かるように株式よりも下げが浅く、立ち直りが早い。したがって配当利回りに着目して投資するのであればREITを見直すべきだと思う。

海外投資家は一貫して日本株を売り続けているが、その海外投資家は12月にREITを150億円買い越しており、この結果昨年1年間の買い越し額は3057億円で、2007年以来11年ぶりの買い越し額になっている。短期的な値幅稼ぎは株式に任せて、配当利回りを追求するのであればREITを見直すべきだ。

■東証REIT指数連動型ETF(1343) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら