トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 大崩れのバルチック海運指数

大崩れのバルチック海運指数2019.02.08

昨年夏以降、バルチック海運指数とNYダウに悪い相関関係があることを1月26日の東京セミナーで解説しておいた。

バルチック海運指数は世界的な貨物船の運賃市況だが、昨年7月の高値から9月の安値まで下げて、次は10月から11月にかけて急落した。そして直近でも12月高値からまた大きく下げており、2016年夏以来の水準に落ち込んでいる。

NYダウはバルチック海運指数が7月から9月にかけて急落した後、10月に急落。続いて11月から12月にかけて急落していた。このところNYダウの急落よりも1~3ヵ月前にバルチック海運指数の急落が起きている。今回またそのパターンが繰り返されるとすれば2月から3月にかけて要注意ということで、セミナーでお話をしておいた。

もちろん必ずそうなると断言できるわけではないが、今週欧米の株価も不穏な動きになり、日経平均も急落してきているのでアメリカの株価の動向にも注意を巡らせておく必要がある。

■バルチック海運指数 週足

※こちらのコラムは当ホームページ向けの書き下ろしとなります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら