トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > オンコリスバイオファーマ、やはり2016年型

オンコリスバイオファーマ、やはり2016年型2019.02.15

1月の大阪と東京のセミナーで来場者の方々にサービスとして、推奨銘柄とは別にご紹介しておいたマザーズのオンコリスバイオファーマ(4588)が、今週ストップ高を交えて株価が急騰しており、13日に1912円まで値上がりして2016年12月の高値1575円を抜いてきた。

月足はこの2016年12月と今年1月に極めて長い上ヒゲを引いていたが、今月はその2本の上ヒゲをクリアしての大陽線で上げており、セミナーで話した通り2016年に2070円の高値を付けにいった大相場の再現と言える形になっている。

セミナーではこの会社が開発中の『テロメライシン』について解説しておいたが、一段と思惑が高まる形になっている。

2016年の時は単に夢を買う相場だったが、今回は臨床試験の結果も踏まえて現実買いの色合いが加わってきた。公式の推奨銘柄ではないので、各自の判断で対処していただきたい。

■オンコリスバイオファーマ(4588) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら