トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > オンコリスが予想通り2016年相場再現

オンコリスが予想通り2016年相場再現2019.03.01

1月にラジオ番組セミナーの場でオンコリスバイオファーマ(4588)が2016年の大相場の再現になるだろうという見方をお話ししておいた。

前回は2016年4月の底値401円から、6月の高値2070円まで5・16倍に大化けしたが、今回も昨年10月の底値479円から今月の高値2547円まで5・31倍に大化けした。ともに400円台の底値からのスタートだったが、月足は4本連続陽線で、前回と今回共に急上昇している。

前回は月足陽線4本目の値上がりが大きかったので、今回も同じパターンになるという見方をお話ししたが、思った通り今回も月足陽線4本目の2月相場で大きな値上がりを見せた。

2016年相場の再現という見方が的中したわけだが、引き続きテロメライシンへの期待と思惑が背景にある。既に信用規制もかかっており、これから先は波乱になる可能性もあるので注意しながら見ていく必要がある。

とはいえ2月の月足大陽線は、2016年相場でも見られなかった上場以来初めての形であり、今後の成り行きが注目される。

■オンコリスバイオファーマ(4588) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋・追記したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら