トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 次世代空気電池に注目度が高まる

次世代空気電池に注目度が高まる2019.03.22

3月18日付の日経新聞朝刊で、究極の蓄電池と言われる空気電池の実用化前倒しという記事が大きく掲載された。

あらゆるものがインターネットで繋がるIoT時代を迎えるにあたり、軽くて大容量の空気電池が大いに期待されている。その特性を生かして空飛ぶ自動車やロボット、ドローンなど幅広い用途が待ちうけている。

空気電池は空気中の無尽蔵の酸素を取り込んで化学反応することで発電するもので、電気を蓄える量は現在電気自動車などに使われているリチウムイオン電池の5~10倍とされている。

東証二部のFDK(6955)はこの空気電池の3年後の実用化に目途を付けたことが日経新聞で報じられた。

リチウムイオン電池では田中化学研究所(4080)などが大相場になり、全固体電池ではオハラ(5218)が大相場になったが、今度は空気電池でFDKがどうなるか。今後の成り行きを見守っていきたい。

■FDK(6955) 月足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら