5G関連に再び注目2019.04.12

韓国やアメリカでいよいよ次世代高速通信規格5Gの実用化が始まった。日本も総務省が大手通信会社に対して周波数の割り当てを行ない、いよいよ5Gの実用化に向けて大きく動き出す。

1月末のラジオ番組(ラジオNIKKEI第一、木曜朝8時45分~9時放送)で、5G関連の本命としてご紹介したアンリツ(6754)は、その後3月4日の高値まで大きく値上がりしたが、直近でまた出直りの気配を見せてきており、3月高値からの下げ幅の66%を戻した。

この株に限らず5G関連株は引き続き要注目であり、目が離せない。

■アンリツ(6754) 週足 ※推奨銘柄ではありません。

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら