トップページ > 株式投資コラム > 臨時コラム > 超大型10連休、重要日程

超大型10連休、重要日程2019.04.19

いよいよ超大型ゴールデンウィークに入っていくが、この10連休の間に大きな相場の変動が起こるのではないかと警戒する向きも多い。

ちなみに内外の重要なスケジュールを見ると、
 4月30日…中国 製造業購買担当者景気指数発表
 4月30日~5月1日(2日間)…米 FOMC開催
 5月 3日…米 雇用統計発表

10連休の間に中国やアメリカからの良くも悪くもの何らかのサプライズによって、世界の株価や為替相場に大きな影響が出ることは考えられる。

続いて連休明けの5月10日には3月期決算の決算発表がピークを迎え、これから日本の株式市場は企業業績の数字に敏感になりやすい。

日経平均は今年の最高値を更新しており、弱気の個人投資家にとってはイライラする展開だろうが、その弱気が海外投資家にとってはつけ込みやすい材料になる可能性もあるので、見込み違いの場合は意地を張らないように注意しよう。

■日経平均 週足 

※こちらのコラムは会員向けレポートから抜粋したものになります。

FAX会員
短期〜中期
FAX会員

常に最先端の情報を収集したいとお考えの方に最適なコースです。FAXを原則平日5日間、1日3回配信致します。

Eメール会員
短期〜中期
Eメール会員

株の売り買いをより頻繁にされている方、外出先でも機動的に売買判断されたい方に最適なコースです。Eメールを原則平日5日間、1日6回配信致します。

レポート会員
中期〜長期
レポート会員

株の売り買いを中長期的にゆっくりとされている方、また早見の相場観や方針をまずよく知ってみたいとお考えの方に最適なコースです。郵送で原則週1回送付致します。

☓ バナーを閉じる

有料情報「早見雄二郎の特ダネ株式ニュース」 お電話または、インターネットで早見独自の株式投資情報が手に入る有料サービス

電話有料情報(情報料300円)インターネット有料情報(情報料300円)はこちら